フィナステリドの後遺症とはどういったものか

フィナステリドの後遺症とはどういったものか

男性型脱毛症の治療薬にプロペシアと呼ばれる薬が在ります。
プロペシアは男性型脱毛症の原因でもあるDHTを抑制し、髪の毛の毛周期を正しくし、抜け毛を阻止する事が可能になる医薬品です。

 

プロペシアはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれている医薬品の名前です。
このフィナステリドには副作用が在ると言われており、副作用による後遺症が起きることがあると言われています。

 

尚、プロペシアを服用し、副作用が起きた場合は、服用を中止する事で症状が治まると言います。

 

後遺症で起きる可能性が在ると言うのは、過敏症によるもの、生殖器に関連するもの、肝臓などになります。
中でも、勃起不全、性欲減退、精子の減少といった性機能の低下が主な副作用として知られています。

 

過敏症では蕁麻疹や発疹、肝臓ではガンマGTPの上昇、その他として、乳房の肥大、うつ症状、めまいなどが起きることが在ると言います。

 

尚、フィナステリドは、プロペシアの服用を中止する事で副作用は治まると言われているのですが、PFSと呼ばれる、ポスト・フィナステリド症候群が在ります。
これは、服用を中止しても症状が継続してしまうと言う恐ろしい病気です。

 

これは全ての人が起きるのではありませんが、プロペシアに含まれるフィナステリドにはこのような後遺症も有ると言う事なのです。