フィナステリドが抜け毛、薄毛に効果があると言われている理由

フィナステリドが抜け毛、薄毛に効果があると言われている理由

男性型脱毛症AGAという脱毛症状があります、この症状の特徴としては、髪が抜けたり細く弱くなったりという変化が起こり、見た目の印象としては額の生え際がM字型ハゲになったり、頭の頭頂部が河童の皿のようなハゲ方をするという外見的な変化を見せます。

 

一度発症してしまう進行の一途で、対策取らずにいると髪が減少して薄くなっていきます。

 

この症状が起こる理由としては遺伝というのも要因ですが、男性ホルモンによって髪の成長を阻害するという事が大きな要因になります。

 

男性ホルモンが髪成長を促す毛乳頭の働きを阻害する事で、脱毛等が起こるのですが、プロペシアという内服薬を取る事で抜け毛原因になっている男性ホルモンの働きを弱める事が出来ます。

 

このプロペシアにはフィナステリドという成分が入っていて、この成分が薄毛や脱毛進行させる男性ホルモンの悪影響を倒してくれる事になります。

 

AGA患者の男性の大半に効果があると世界中で親しまれている薬です、飲んですぐに効果が出るタイプではなく、半年以上の投与によって少しづつ結果が出て来るものですから、長期目線で活用するのが望ましいです。

 

男性ホルモン原因の抜け毛や薄毛にはフィナステリドが入った薬で対応してみましょう。