フィナステリドとミノキシジルで効果が上がるのか

フィナステリドとミノキシジルで効果が上がるのか

男性型脱毛症の事をAGAと言います。
AGAの治療に最適とされる医薬品にフィナステリドとミノキシジルが在ります。
フィナステリドは、プロペシアと呼ばれる医薬品に含まれている成分で、男性型脱毛症の原因とされるDHTを抑制する効果を持ちます。

 

男性型脱毛症と言うのは、男性ホルモンが乱れることで、髪の毛の毛周期を狂わせ、本来太く長く伸びるはずの毛が、細く短い状態で抜け落ちてしまうため、抜け毛となり、それが繰り返されることで薄毛になるのです。
これは男性ホルモンが酵素と結びつくことでDHTと呼ばれる物質に変換され、これが原因で抜け毛となるのが特徴です。

 

プロペシアに含まれているフィナステリドは、DHTを抑制し、抜け毛を抑えてくれる薬なのです。

 

これに対してミノキシジルと言うのは、育毛効果を持つ医薬品です。
AGAでは、この2つの医薬品を使う事で抜け毛を抑制し、育毛を可能にしているのが特徴なのです。
また、ミノキシジルと言うのは、血管拡張剤として開発された医薬品なのですが、開発後に発毛に効果があるとされ発毛剤として利用されていると言う特徴が在ります。

 

尚、フィナステリドやミノキシジルには幾つかの副作用が在ると言われています。

 

そのため、AGAの治療でこれらの医薬品を利用する場合は、専門医のいる病院で行う事が大切です。