ポストフィナステリド症候群(PFS)の副作用のリスク

ポストフィナステリド症候群(PFS)の副作用のリスク

男性型脱毛症の治療薬として知られているプロペシアは、男性型脱毛症の抜け毛の原因であるDHTを抑制し、髪の毛の成長期を正しくする効果を得られると言う特徴が在ります。

 

男性型脱毛症は、男性ホルモン異常により、髪の毛の成長期が短く、太く長く髪の毛が育つことなく、抜け落ちてしまいます。
これはDHTと呼ばれるホルモンが原因とされており、プロペシアに含まれているフィナステリドがDHTを抑制し、抜け毛を減らし、成長期を正しくしてくれる効果が在ります。

 

しかし、フィナステリドには男性機能を低下させてしまうと言う副作用が在ります。
主な副作用と言うのは、勃起不全、性欲減退、精子量の減少などになります。

 

尚、副作用が起きた場合はフィナステリドなどプロペシアの服用を中止する事で治るとしています。

 

しかしながら、服用を中止しても男性機能が低下した状態になると言うポストフィナステリド症候群と呼ばれる病気になるリスクも潜んでいるのです。
ポストフィナステリド症候群は、プロペシアに含まれているフィナステリドによる後遺症です。
しかし、全ての人がこの症状になるのではないと言います。

 

リスクがある薬であることからも、服用は医師の指示に従う事が重要です。