フィナステリドを服用しない方が良い人

フィナステリドを服用しない方が良い人

フィナステリドは、前立腺のがんや肥大症の薬として使われてきました。
しかし、患者の中に毛髪が濃くなった人がいたため、薄毛の改善に効果があることがわかりました。
その後研究されて、日本でも医薬品として正式に認可されました。

 

フィナステリドは、脱毛の中でも男性型脱毛症に効果を発揮します。
男性型脱毛症では、男性ホルモンのテストステロンが、毛乳頭にある2型5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロンになります。
このジヒドロテストステロンが、毛周期を短くしたり毛包を矮小化します。
フィナステリドを服用すると、テストステロンと2型5αリダクターゼの結合が抑制されるため、毛周期が正常になり抜け毛が減ることで薄毛が改善されます。
しかし、フィナステリドを服用することで、いくつか副作用がでる場合もあります。
個人の体質の違いもありますが、特に向かない人は、飲酒をする人や肝機能が弱っている人です。

 

フィナステリドは肝臓に負担をかけるため、服用期間中は基本的に飲酒はできません。
また、じんましんなどの皮膚病が出る可能性もありますので、皮膚が敏感な人は服用を避けた方が無難です。
うつ病などの精神的な作用も報告されていますので、うつの傾向がある場合も服用しない方が良いです。