フィンペシアとプロペシア(フィナステリド)の違い

フィンペシアとプロペシア(フィナステリド)の違い

フィナステリドは、男性型の抜け毛の原因である5αリダクターゼの活動を阻害する、AGA治療薬の成分の一つです。
プロペシアは、アメリカや日本の厚生労働省の認可も下りているフィナステリドを1mg配合している錠剤タイプの飲む育毛剤です。
フィンペシアは、プロペシアと同じくフィナステリドを1mg配合している錠剤タイプの飲む育毛剤です。

 

フィナステリドとフィンペシアの違いは値段です。
フィンペシアはプロペシアのジェニリック医薬品ですので成分は同じですが、製造されている工場が違います。
プロペシア(フィナステリド)には開発費などが金額に含まれていますので、値段が少し高いです。
日本でも認可されていますので、医療機関での処方が可能です。

 

フィンペシアは、インドで製造されているジェニリック医薬品ですので、開発費が掛かっていませんので、比較的安価で購入する事が出来ます。
しかし日本国内ではまだ販売されていませんので、インターネットなどの個人輸入代行を通じて海外の販売店から購入する事になります。
またフィンペシアには、微量ですがキノリンイエローというコーティング剤が使用されています。
このキノリンイエローには、発がん性の疑いがあり、海外では食品にも使われている添加物ですが、日本では食品への使用は認められていません。